ほっこり京都生活

Google

京都桜特集トップに戻る

上品蓮台寺(じょうぼんれんだいじ)

一説に聖徳太子創建と伝えられる上品蓮台寺は、応仁の乱で堂宇が焼失した後、豊臣秀吉の帰依を得て十二の支院が立ち並ぶ広大な寺院に復興しました。このことから「十二坊」とも称され、町名「紫野十二坊町」の由来にもなっています。本堂には村上天皇より賜った勅額(ちょくがく:天皇直筆の額)を掲げ、内部には本尊延命地蔵菩薩像を安置し、国宝や重要文化財も複数所蔵されています。
春になると知る人ぞ知る桜のスポットとして有名で、本堂の前の紅枝垂桜はとりわけ美しく、染井吉野の白と紅の華やかな色彩で寺域を彩っています。

拝観時間 9:00〜17:00
拝観料 境内無料
(境内のみ散策可)
住所 京都市北区紫野十二坊町33-1
アクセス ▼JR「京都」駅下車
  →市バス 205系統「千本北大路」下車 徒歩約3分
▼京都市営地下鉄「北大路」駅下車
  →市バス 206系統「ライトハウス前」下車 徒歩約3分

ほっこり京都 祇園祭

京都のおすすめ散策

ほっこり京都マップ検索

ほっこり京都生活おすすめサイト

ひとみ研究室 全国 目のご利益スポット

ほっこり京都 葵プロジェクト