ほっこり京都生活
京のこだわり逸品
京の味

ほっこり京都生活

Google

京の味

  • 山中油店
  • 現代の調理に欠かすことのできない、油。
    かつて日本で油は大変貴重だったことから、料理に油が使われることはほとんどなく、灯りをともす材料に使われていました。油が一般的に食用として使われるようになったのは、文明開化で西洋の食事の文化が入り出した明治時代からといわれています。

  • ブルーベリーの金平糖~緑寿庵清水(りょくじゅあんしみず)~
  • 緑寿庵清水の創業は、江戸時代弘化4年(1847年)。伝統を守りながら、独自の製法で、砂糖味の金平糖だけではなく、みかんや桃などの果物や、ブランデーやチョコレートまで新たな金平糖を生み出し、現在では約50種類の金平糖がつくられるようになりました。

  • 京飴 ~今西製菓(いまにしせいか)~
  • その美しさと愛らしさに、思わず見とれてしまう京飴。今回訪れた今西製菓は、老舗の京飴屋さん。ここでは手まりの形をはじめとする細工飴やドロップ、最近注目を集めている「京野菜のど飴」がつくられています。

  • ブルーベリー大福
  • ブルーベリーが目に良いと日本にも伝えられるようになり、日本でも気軽にジャムや洋菓子に使われ、身近に食べられるようになりました。京都・祇園にある「ブルーベリー大福」を販売している和菓子屋さんをご紹介。

  • 京の健康を支える地下水
  • 1200年の歴史を持つ京都。その歴史とともに、水がもたらす文化は発達してきました。日本茶や京料理など様々な分野の発展は京都の水があったからこそ。そんな京都の水の秘密を探ります。

  • 柚子
  • 京都の奥座敷、柚子の里「水尾」。日本の柚子栽培の発祥の地ともいわれています。そんな水尾で、柚子収穫の10月終わりから3~4月にかけて「柚子風呂」と「鶏なべ」を提供している民家が数軒あります。今回は柚子へのこだわりをご紹介します。

  • うれしなつ菓子「格子家」
  • 自宅の町家をそのまま活かし、店舗と工房が一体となった「格子家」は大正元年創業。おじいさんの代から続く昔なつかしいお菓子を、家族みんなで協力して手造りされています。今回は昔から愛されてきた京都のお菓子屋さんをご紹介します。

京のこだわり逸品

ほっこり京都 祇園祭

京都のおすすめ散策

ほっこり京都マップ検索

ほっこり京都生活おすすめサイト

ひとみ研究室 全国 目のご利益スポット

ほっこり京都 葵プロジェクト