ほっこり京都生活
京のこだわり逸品
京の伝統工芸

ほっこり京都生活

Google

京の伝統工芸

  • 福永念珠舗(ふくながねんじゅほ)
  • 仏前への拝礼をするときに欠かせない仏具といえば、念珠(ねんじゅ)です。念珠は古くから最も身近な仏具として、現在も仏前への拝礼やお葬式などで使用されています。今回は江戸時代から代々続く念珠専門店をご紹介します。

  • 和ろうそく
  • お寺に欠かせないろうそく。私たちが普段目にするキャンドルとはまったく違うものなのです。煤が少ない「木蝋(もくろう)」を主原料とし、蝋が垂れて見苦しくないよう、考え抜かれた形をしています。今回はこの和ろうそくをご紹介。

  • 茶筒
  • お茶をとりまく道具で欠かせないものとして挙げられるのが「茶筒」。茶葉を湿気などから守り、新鮮なおいしさを保つという大切な役割を持っています。今回は、京都の地でこだわりの茶筒を手で作り続ける「開化堂」さんをご紹介します。

  • 和小物
  • 鮮やかな着物の生地から作られる「和小物」。今ではデザイン的にも新鮮なものとして人気があります。今回は、築100年、手づくりにこだわる店舗兼工房の和小物のお店、「おはりばこ」さんをご紹介します。

  • 和紙のあかり
  • どこか懐かしさを感じるその手触りや風合いにとても人気の高い和紙。最近は便箋や包装紙などの他に、小粋な名刺としても使われたりしています。今回は、和紙を使って様々なあかりを演出している「あかりデザイン工房」を訪れました。

  • 京うちわ
  • 和紙を張る部分と柄を別々に作り、後からくっつける差し柄構造が特徴の華やかな京うちわ。すべて手作業で作られる繊細な美しさは他にはありません。今回は老舗のうちわ屋さんのインタビューを交えながらそのこだわりをご紹介します。

  • 小玉紫泉(こだましせん)つづれ織工房
  • 「西陣織」と呼ばれる織物の中に、「つづれ織」と呼ばれる織物があります。独特の繊細でいきいきとした文様は緯糸だけで表現され、丈夫なことから母から娘へと受け継がれることも。今回は伝統工芸士の方にもお話をうかがいました。

  • 京和傘 日吉屋(ひよしや)
  • 明治以降、価格の安い洋傘が大量生産されるようになり、次第に和傘を使用する人は減っていきました。しかし最近、一般の若い人からの注文が増えているそうなのです。今回は京都で唯一の和傘を作るお店、「日吉屋」をご紹介します。

京のこだわり逸品

ほっこり京都 祇園祭

京都のおすすめ散策

ほっこり京都マップ検索

ほっこり京都生活おすすめサイト

ひとみ研究室 全国 目のご利益スポット

ほっこり京都 葵プロジェクト