ほっこり京都生活
京のこだわり逸品
京の伝統工芸

ほっこり京都生活

Google

京の伝統工芸

  • 竹笹堂(たけざさどう)
  • 現代では機械による印刷が主流となっていますが、昔は版木(はんぎ)に文字や絵を彫って、それを紙に摺っていました。
    竹笹堂さんは、昔ながらのこの木版摺り(もくはんずり)を行っているお店。お店の工房では、ひとつひとつ手作業で木版摺りが行われています。
    今回は、竹笹堂さんについてご紹介します。

  • 大西京扇堂(おおにしきょうせんどう)
  • 夏を涼しく過ごすアイテムとして使用される扇子。いまや3,000種類以上あり、その用途は様々です。
    今回は、江戸時代から続く老舗の京扇子屋「大西京扇堂」さんにお話を伺いました。

  • 鈴木松風堂(すずきしょうふうどう)
  • 京都の中心地に、「紙の和雑貨」と書かれたかえるの看板のお店があります。店内には和紙が使用された様々な和雑貨が並び、買い物客の心を和ませてくれます。さらに奥へ入ると、京都でお馴染みのお店の商品箱が…今回は、和紙を使った和雑貨や卸販売を行っている鈴木松風堂をご紹介します。

  • カクカメ
  • お財布や小物入れとして、日本人になじみの深い「がまぐち」。
    今回訪れた「カクカメ」さんは、制作から販売までを手がけるがまぐちの専門店です。
    こだわりのがまぐちづくりについて、ご紹介します。

  • 高田帆布(たかだはんぷ)
  • 高田帆布は、テントや車のシートを製造・販売するお店に併設されたカバン屋さん。店内には、手づくりのカバンがずらりと並んでいます。
    今回は、「高田帆布」をご紹介します。

  • 山田松香木店(やまだまつこうぼくてん)
  • 最近ではお香やアロマなど、日常生活の中にも香りが取り入れられるようになりましたが、日本では、古くから香りを楽しむ文化がありました。
    香木を焚いて香りを観賞する皇道は、花道・茶道と並ぶ作法のひとつでした。
    今回訪れた「山田松香木店」は、江戸時代より続く老舗の香木・香原料のお店です。

  • いしかわ竹の店
  • 京都の観光名所として、有名な嵐山。
    嵐山には観光名所がたくさんあり、季節を問わず大勢の観光客が訪れます。
    今回訪れた「いしかわ竹の店」は、嵐山にあります。お店にはたくさんの竹製品が並べられています。
    竹づくりのこだわりについて、3代目石川恵介様に伺いました。

  • 吉靴房(きっかぼう)
  • 今回訪れた吉靴房は、オーダーメイドの革靴屋さん。1階の作業場を横目に奥の階段を上がると…。ギャラリーとなっている2階には、とてもユニークでお洒落な革靴が飾られていました。「こだわりの革靴づくり」について、店長で靴作家の野嶋孝介様にお話を伺いました。

京のこだわり逸品

ほっこり京都 祇園祭

京都のおすすめ散策

ほっこり京都マップ検索

ほっこり京都生活おすすめサイト

ひとみ研究室 全国 目のご利益スポット

ほっこり京都 葵プロジェクト