ほっこり京都生活
わかさ生活と京都
祇園祭
宵山(よいやま)

ほっこり京都生活

Google

祇園祭

  • 宵山(よいやま)

■宵山を楽しもう

宵山を楽しもう
「宵山」は本来山鉾巡行の前日のことを指しますが、多くは7月14日~16日・21日~23日の期間で称されています。四条通を境に南北に広がる通りのあちらこちらに山鉾がそびえ立ち、それにまつわる展示や販売所や屋台が並びます。山鉾を細部までじっくり見たい方は、明るいうちに来られるのがおすすめです。夜には四条通の車両通行も止めて、山鉾がライトアップされるため祭のムードが高まります。昼も夜もそれぞれ違った一面がありますので、時間のある方はぜひどちらの時間帯も楽しんでみてください。

⇒各山鉾の位置は、祇園祭トップページの山鉾マップをご覧ください

■実際に山鉾に乗ってみる

眺めて回るだけでも充分に祭を堪能できますが、実際に山鉾の上に乗れるものもあります。その中の1つである長刀鉾では傍にある販売所でお土産を購入すると、山鉾巡行の際に飾られる懸装品が展示されている保存会の建物の2階に通され、男性の方のみですが鉾に乗ることができます。女性の方も2階までは一緒に上がれますので、ぜひお立ち寄りください。

⇒長刀鉾について詳しくはこちら
実際に山鉾に乗ってみる

■楽しみ方は様々

宵山で散策する楽しみは、山鉾だけではありません。山鉾町にある旧家や老舗では、雅やかな屏風(びょうぶ)、着物や武具類などの美術品を展示されています。中には国宝級のものもあり、先祖代々受け継がれてきた作品の数々に目を奪われること間違いありません。また近くの売店では、山鉾ごとにつくられる粽やお守り、手ぬぐいなどが購入できるためお土産探しにぴったりです。粽にはそれぞれに違った御利益があり、安産祈願や学業成就、中には縁結びの御利益のものもあるので、ぜひ自分に合った粽を購入してみてください。
祇楽しみ方は様々

■お守りだけでなく記念にも

祇園祭に訪れた記念として何か残しておきたい方におすすめなのが「ご朱印集め」。神社仏閣を参拝した際にご朱印をもらい、手元に置いてお守りとして大事にされている方も多いと思います。祇園祭でも山鉾ごとに個性豊かなご朱印がスタンプの形で用意されており、それぞれの場所で押してもらうことができます。山鉾町の販売所にてご朱印帳も販売されていますので、ぜひ集められてみてはいかがでしょうか。(ご朱印を押してもらうのに志納金が必要なところもあります)

お守りだけでなく記念にも

宵山(よいやま)

日程

7月14日~16日
7月21日~23日

場所

各山鉾町

※2014年からの祇園祭の山鉾巡行は、前祭(7月17日)と後祭(7月24日)の2日間に分けて開催されます。これに伴い、宵山も2回に分けて行われます。

わかさ生活と京都

ほっこり京都 祇園祭

京都のおすすめ散策

ほっこり京都マップ検索

ほっこり京都生活おすすめサイト

ひとみ研究室 全国 目のご利益スポット

ほっこり京都 葵プロジェクト