ほっこり京都生活
京のこだわり逸品
京の味
真手打ちそば処 ながの

ほっこり京都生活

Google

京の味

  • 真手打ちそば処 ながの

お茶のふるさと宇治。

お茶の美味しさ、宇治の魅力を満喫するために訪れた散策の中で、おいしい手打ちのおそば屋さんに出逢いました。

平等院表参道奥の家庭的な雰囲気に包まれた店内、そして窓際の打ち場が印象的な「ながの」。

ご主人、息子さんの息の合った仕事と会話が楽しいお店です。本格的な手打ちの「抹茶そば」を味わってきました。

真手打ちそば処 ながの


「よそにないもんを召し上がっていただきたい」

おそば屋さんを始められたきっかけは?

道楽が高じましてね(笑)。昔からそばが大好きで、日本各地のそばをよく食べ歩いていました。とうとう、50代の頃に夢をかなえようと思いまして。やるからには、よそにないもんを召し上がっていただきたい、そんな想いで始めた手打ちそばの店です。

そばへのこだわりを教えてください。

そば粉は北海道産、抹茶は宇治のものを使用しています。また、ダシもこだわって昆布、かつおも贅沢に使って出してます。コシがあって味わい深いそばが、ダシと絡まって本当においしいですよ。また、そば湯も健康にとても良いので一緒にお出ししています。

手打ちされるおそばは毎日どれくらいになるんですか?

季節にもよるけど、だいたい8キロくらい手打ちしてますね。数でいうたら、100人から120人分で、何回かに分けて打ちます。5時間くらいはかかるかなぁ。

真手打ちそば処 ながの

季節にもよるけど、だいたい8キロくらい手打ちしてますね。


手打ちそのものに興味を持っていただくということ

おそば屋さんをやっていて嬉しいことって何ですか?

「おいしいわぁ」って言ってくれはるのはもちろんやけど、「待ってるから、目の前でそばを打ってくれ」って言ってくれるお客さんは嬉しいね。昔はみんなゆとりがあって、忙しいから早く食べたいだの、こっちももう出来上がってるもんを食べてくれ、っていう時代じゃなかったからね。
一度、店がお客さんいっぱいになって20人くらいが一心にそば打ちを待ってくれていたことがあって。そば打ちに興味があって、足を運んでもらうのはすごく嬉しいことやね。

手打ちそのものに興味を持っていただくということ


道路に面した窓際でそばを打つことが一番の宣伝、とおっしゃるご主人。“手打ち”と掲げたお店がたくさんある中で、どれだけお客さんが手打ちを実感できるお店があるでしょうか。お客さんが直にそばを打つ姿に接することは、安心とおいしさにつながるはず。毎日、窓際で懸命にそばを打つご主人とお話をしていて、そばへの熱い想いをひしひしと感じました。

また、特別なメニューとして「紫式部」という更科そばに紫芋を練りこんだそばがあります。やや透明な、コシの強い独特のそばは、宇治にゆかりのある紫式部をヒントに生まれたオリジナル。希少なためメニューにはありませんので、ご希望の方はお電話でご予約ください。

お茶のふるさと「宇治」で、本物の手打ちそばを味わってみませんか?
※抹茶そば:800円 紫式部:900円

おすすめ情報

平等院を訪れた際、一緒に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。手打ちそばがなくなり次第終了するということなので、早めに訪れた方が無難ですよ。

スポット情報

アクセス:

  • 京都駅から JR奈良線 「宇治」駅下車 徒歩10分
  • 京阪電車 「宇治」駅下車 徒歩7分

住所:

京都府宇治市平等院表参道沿い25

営業時間:

10:30~14:30(手打ちそばがなくなり次第終了)

お問い合せ:

TEL.0774-21-2836

京のこだわり逸品

ほっこり京都 祇園祭

京都のおすすめ散策

ほっこり京都マップ検索

ほっこり京都生活おすすめサイト

ひとみ研究室 全国 目のご利益スポット

ほっこり京都 葵プロジェクト