ほっこり京都生活
京のこだわり逸品
京の伝統工芸
鈴木松風堂(すずきしょうふうどう)

ほっこり京都生活

Google

京の伝統工芸

  • 鈴木松風堂(すずきしょうふうどう)

京都の中心地に、「紙の和雑貨」と書かれたかえるの看板のお店があります。
店内には和紙が使用された様々な和雑貨が並び、買い物客の心を和ませてくれます。さらに奥へ入ると、京都でお馴染みのお店の商品箱が…
今回は、和紙を使った和雑貨や卸販売を行っている鈴木松風堂をご紹介します。

鈴木松風堂 紙の体験工房と和雑貨のお店

長阪 光治様


■明治が創業ということですが、会社の成り立ちを教えてください。

明治26(1893)年に、反物(着物用の布)の巻芯を紙でつくり販売したことがきっかけでスタートした会社です。
初代鈴木宇吉郎が中国の上海へ仕事で訪れた時、キラキラと絵が動き出す万華鏡と出会い、その美しさと紙に触れることの温かさに感銘を受けました。この感動を日本にも伝えたいとの想いから、紙筒を使った商品をつくりたいと思ったのです。万華鏡を日本に持ち帰り、そこで誕生したのが、紙でできた巻芯でした。もともと巻芯は木筒でしたが、次第に、うちの紙筒が浸透していきました。

会社に伺うと、こちらで手掛けられている商品パッケージが展示されていました。よく見ると、京都で馴染みのあるお店のものがずらり。




■どういったいきさつで商品パッケージも製作されるようになったのですか。

紙は日本人の生活に欠かすことのできない大切な素材ですよね。その性質を深く知るうちに、金属やプラスチックに勝る機能があるのではないかと思うようになり、紙を使った商品パッケージの開発や制作を進めるようになりました。
今では凹凸のあるプレスタイプの容器も開発できました。そして京都のある料理屋さんで採用された長円型の容器が評判となり、お菓子屋さんや漬物屋さんなど、現在では様々な会社の商品パッケージの制作も行っております。


■では、販売店舗について教えてください。

2005年に紙の体験工房と和雑貨の店舗の運営を始めました。商品パッケージの開発や改善を進めるうちに、日本の伝統ある和紙を使ったものをもっと身近に感じてもらいたいと想うようになりました。そこで、和雑貨の商品を自社開発し、店舗で販売を始めました。当初は数種類のアイテムしか扱っておりませんでしたが、今日では、万華鏡・小物入れ・あぶら取紙・ノート・台所用品など150種類を揃えております。
和紙の商品は全て手づくりなので、同じ形でも風合いが少しずつ異なります。
人気の商品としては、入れ子BOX・エコペン・シュガーポット、そして万華鏡があげられます。


■お店では体験教室も行われているんですね。

紙を扱う会社として、実際に紙の温かさに触れていただきたいと思い、店舗の2階で体験教室を開いています。あんどんづくり・万華鏡づくり・紙の箱づくりの3種類があります。まず和紙を選んでいただき、その和紙を使ったオリジナルの小物をつくっていただきます。体験教室には修学旅行生をはじめ、たくさんの方が京都旅行の記念にといらっしゃいます。

鈴木松風堂さんを訪れた記念に、万華鏡づくりに挑戦。私は普段和紙や和のりを手に取ることが少ないので、とても新鮮な気持ちで万華鏡づくりに励みました。店員さんが丁寧に教えてくださるので、気軽に楽しむことができますよ。


■こちらのお店ではかわいい「かえる」のキャラクターがいたるところに登場しています。
この「かえる」には、何か意味が込められているのですか。

紙は、昔から重宝されてきた大切な資源ですよね。しかも紙は水に溶け、土に埋めれば土になり、火で燃やせば灰に、蒸し焼きにすれば炭となるという、自然に優しいものです。その「自然にかえる」ということから『かえる』を店のイメージキャラクターとして起用しています。うちで扱うすべての商品は、エコを念頭に、捨てることがもったいない、捨てるに忍びないと思える商品の開発を目指しています。例えば、お菓子が入った容器はその役目を果たした後も、小物入れや生活用品として使っていただけるようなデザイン・機能が果たせるよう、今後も商品開発に努めていきたいと思います。

初代の方が上海から持ち帰った万華鏡が始まりとなり、現在も紙を使った様々な商品がつくり出されている鈴木松風堂。
紙のぬくもりを感じにこちらを訪れてみてはいかがでしょうか。



鈴木松風堂(すずきしょうふうどう)

営業時間

10:00~19:00(体験教室受付16:00まで)
※体験教室は有料です。

定休日

年末年始のみ

お問い合せ

075-231-5003

URL

http://shofudo.co.jp/

http://shofudo-shop.jp/(オンラインショップ)

住所

京都市中京区柳馬場六角下ル井筒屋町

アクセス

▼阪急電車「烏丸」駅下車 徒歩約10分
▼京都市営地下鉄「四条」駅下車 徒歩約10分

 寺社仏閣  店舗(伝統工芸・和雑貨)  店舗(食・飲食)  紅葉

印刷する

京のこだわり逸品

ほっこり京都 祇園祭

京都のおすすめ散策

ほっこり京都マップ検索

ほっこり京都生活おすすめサイト

ひとみ研究室 全国 目のご利益スポット

ほっこり京都 葵プロジェクト