ほっこり京都生活
京のこだわり逸品
京の伝統工芸
時代裂屋 梵(じだいぎれや ぼん)

ほっこり京都生活

Google

京の伝統工芸

  • 時代裂屋 梵(じだいぎれや ぼん)

今回訪れた「時代裂屋 梵」は、アンティーク着物やオリジナルな手づくりの小物を扱うお店です。
豊富な種類の着物と和の小物がたくさん並べられた店内では、どこか懐かしい気持ちになります。
お店の魅力について、松村様と楢原様に伺いました。

時代裂屋 梵
オーナー 松村太郎様
店長 楢原洋子様

■なぜ、アンティークの着物や和の小物にこだわったお店を始められたのですか。
今から25年ほど前、アンティーク着物をファッション感覚で楽しむという最初のブームがくる前に、いち早く北白川で店をはじめました。
現在は着物を日常生活で着ることが少なくなりましたが、日本に洋服の文化が入るまでは着物が普段着でした。また、昔の着物には、色や柄が鮮やかで斬新なデザインのものがたくさんあります。そこで日本の古き良き文化である着物を肌で感じてもらいたい、そして着なくなったり、シミがついてしまった着物も無駄にしたくないという想いから、今の暮らしに合うバッグ、アクセサリーや飾り物などにカタチを変えて、提供することを始めました。
当店では大正~昭和初期に着られていた着物や帯を素材にして、一つ一つの商品を手づくりしています。





■時代裂屋 梵の和小物の魅力は何ですか。
昔の裂(きれ)には、今のものにはない独特の風合いがあります。深みのある色であったり、やさしい手触りであったり・・・。こうした美しい裂は色々組み合わせたり、カタチを変えることで、さらに新たな魅力や価値を生み出します。
量産は出来ませんし、いたしません。きっちり手仕事の良さを感じて頂ける数だけを心を込めて作っています。そんなこだわりを魅力として感じて頂けたら、幸いです。





■おすすめの商品を教えてください。
ひとつは、当店のトレードマークにもなっている「はいはい人形」です。愛らしい表情で、色んなお飾り商品の中に登場します。
ちょっとした贈り物には、巾着やポーチもおすすめです。ラッピングもかわいくさせて頂きますよ。
もちろん、アンティーク着物もおすすめです。
普段なかなか着物を着ることが少ないため、疲れるという方が多いかと思います。しかし、アンティークの着物は味があって、素材が柔らかいのでとても着心地が良く、しわにもなりにくいんです。着付けや帯の選び方がわからない方にはお教えしますので、気軽に着物を手にとっていただきたいと思っています。



■お店にはどんな方が訪れますか。
幅広い年代の女性が店に来てくださいます。ご年配の方は子どもの頃に着物を着ていたことを思い出し、懐かしさゆえに手にとって気に入ったものを買ってくださいますし、造形大が近くにありますので、染織を勉強されている学生さんが裂を見に来られることなんかもありますよ。
店がある北白川は、京都市の中心部から離れています。遠くから足を運んでくださるのだから、お客様に出会いの逸品を見つけていただきたいと、一点一点気持ちを込めて、ご紹介させていただきたいと思っています。

お店ではお客様のご要望もあり、毎月1回手づくり講習会が開かれています(要予約)。約2時間で完成できるようになっており、中には京都府外から毎回参加される方もいらっしゃるほど、ご好評なのだとか。
店内も春先には桜色の小物を取りそろえるなど、季節に合わせて品ぞろえも店内の模様も替えていらっしゃいます。
時代のぬくもりが感じられる時代裂屋 梵で、あなたにあった逸品を探してみませんか。




時代裂屋 梵(じだいぎれや ぼん)

営業時間

10:00~17:30

定休日

日曜日・月曜日

お問い合せ

075-451-2507

URL

http://bon-kyoto.jp/

住所

京都市上京区元誓願寺通千本東入元四丁目421

アクセス

▼JR 「京都」駅下車
→市バス50系統、または206系統[時計回り]乗車
「千本今出川」下車 徒歩3分

 寺社仏閣  店舗(伝統工芸・和雑貨)  店舗(食・飲食)  紅葉

印刷する

京のこだわり逸品

ほっこり京都 祇園祭

京都のおすすめ散策

ほっこり京都マップ検索

ほっこり京都生活おすすめサイト

ひとみ研究室 全国 目のご利益スポット

ほっこり京都 葵プロジェクト