ほっこり京都生活
京のこだわり逸品
京の伝統工芸
麻小路(あさこうじ)

ほっこり京都生活

Google

京の伝統工芸

  • 麻小路(あさこうじ)

私たちの生活にもなじみのある麻。
古来、神々が天より麻の草木を伝って地上に降り立ったといわれていることから、麻は神聖なものとされ、今日でも神社仏閣の魔除けや厄除け、お祓(はら)いなどに使用されています。
また麻はとても速く成長し、大きく根を張ることから、人々の成長・発展、商売繁盛、子孫繁栄などを意味し、縁起物としても使用されるようになりました。
そんな麻の魅力を伺いに、京町家にある麻の専門店「麻小路(あさこうじ)」を訪れました。

こだわりインタビュー 麻の魅力について
代表取締役 小泉光太郎様


-なぜ麻の専門店を始められたのですか?

創業当初(今から60年前)は、麻の資材を扱うお店でした。
小物の販売を始めたのは今から20年ぐらい前ですが、その頃から麻の需要が減っていましてね。麻は色々なものに使用されており、私たちの生活の中でとても身近なものですし、その文化がすたれていくことだけは避けたいと思って・・・。そこで麻についてより多くの人に知ってもらうため、麻を使用した商品の専門店を始めることにしました。


-麻を使った身近なものには何があるのでしょうか?また、麻小路さんではどんな商品を扱われていらっしゃいますか?

身近なものとしては衣類やカバン、ハンカチ、のれん、和紙などがあります。実は日本の紙幣にも麻が使われているんですよ。あとは神社の注連縄(しめなわ)や綱引きで使用するロープ、日本三大祭のひとつ、祇園祭で使用している山鉾の縄も、麻からできています。
うちの店ではハンカチやカバンなどの雑貨、衣類、麻生地など、約300種類の商品を扱っています。麻生地だけでも約200種類はありますね。


-麻の魅力とは?

麻は他の原料(綿や絹など)と違って、繊維の表面にたくさんの穴が開いています。織物や小物に形が変わっても、その穴から呼吸をしているのです。だから、通気性や吸収性にたけているんですよ。お料理屋さんに行くと、よく麻ののれんが掛けられていますよね。麻は熱を吸収するので、のれんに触れることですっきりした気分になります。



衣類に麻が使われるのも、肌に触れるとひんやりして涼しさや爽やかさが増すからです。また麻の繊維は堅めなので、洗濯をするとほこりや汚れがすぐに落ちるから衣類に最適なんですよ。
また、育つ環境によって麻の色合いが変わります。私たちの取り扱っている商品は100%天然の麻を使用しているため、同じ色合いや柄の商品はつくることができませんが、そこが麻の魅力でもあるのです。



小泉様から最後に、「麻は人間にも自然にもとてもやさしい素材です。昔から麻に囲まれている人ほど幸せになるといわれていますし、また、麻がボロボロになって使えなくなったら、捨てるのではなく土に埋めてください。天然素材なので土に戻り、エコ活動にもつながるんですよ。」と、勉強になるお話を伺いました。

身近なものに使われ、人々に幸せをもたらすといわれる麻。
ぜひ麻小路であなたに合った麻の商品を、見つけてみませんか。

住所     〒604-8303 京都市中京区御池通堀川西入猪熊角
お問い合せ  075-841-5000
URL    http://www.asakoji.com
営業時間   10時~18時
定休日    月曜日
アクセス   京都市営地下鉄東西線「二条城前」駅下車 徒歩約3分
       JR「 二条」駅下車 徒歩約20分
       市バス「堀川御池」下車 徒歩約5分

京のこだわり逸品

ほっこり京都 祇園祭

京都のおすすめ散策

ほっこり京都マップ検索

ほっこり京都生活おすすめサイト

ひとみ研究室 全国 目のご利益スポット

ほっこり京都 葵プロジェクト