ほっこり京都生活
京都の寺社仏閣
寺社仏閣
護王神社(ごおうじんじゃ)

ほっこり京都生活

Google

寺社仏閣

  • 護王神社(ごおうじんじゃ)

京都御所の西側に位置する護王神社。
この神社でまず参拝客を迎えてくれるのが、狛犬(こまいぬ)ならぬ「狛イノシシ」です。

今回はこの「狛イノシシ」がシンボルとして親しまれている「護王神社」について、ご紹介します。

護王神社(ごおうじんじゃ)


護王神社の由来

京都御所・蛤御門(はまぐりごもん)の向かい側に位置する護王神社。
護王神社は平安京造営に大きく貢献した、和気清麻呂(わけのきよまろ)をまつる社として、高雄山神護寺(たかおさんじんごじ)の境内に建てられていましたが、明治19(1886)年、明治天皇の勅命により、現在の地に移りました。

なんといってもここの特徴は、狛犬ならぬ「狛イノシシ」がまつられていること。
その由緒はこの神社の御祭神である、「和気清麻呂」の生涯の伝説が深く関係しています。

護王神社の由来


護王神社の由来

当時、権力を握っていた弓削道鏡(ゆげのどうきょう)という僧侶がいました。道鏡は自ら天皇の位につこうと画策しますが、位を譲ることを悩まれた天皇は、それを確かめようと清麻呂を宇佐(現大分県)に向かわせることにしました。
宇佐八幡宮の神の「天皇の位は皇族が継ぐものである」というお告げを受けた清麻呂は天皇にその事実を伝えました。 それに腹を立てた道鏡は、清麻呂を大隅(おおすみ:現鹿児島県)に追放します。
追放を命じられた清麻呂は、途中で突然の災難に遭ったものの、そこに300頭もの「イノシシ」が現れ、宇佐までの道中をお護りしたといわれています。


この伝説から、「イノシシ」が神社のシンボルとしてまつられるようになり、明治時代に崇拝者の声で「狛イノシシ」が建てられ、今も神社のシンボルとなっています。

足腰の健康祈願

足腰の健康祈願

清麻呂は大隅へ向かう途中、道鏡の家来たちの襲撃によって足の筋を切られてしまい、立つこともできない状態でした。
しかし300頭ものイノシシたちに道中を護られると、不思議なことに足が治り、歩けるようになったと言い伝えられています。

この言い伝えにより、足腰の健康維持や、病気・怪我の回復には格別のご利益があるといわれています。
陸上競技をはじめとしたスポーツ選手も多く祈願にやってきます。


境内には、イノシシの手水舎(てみずしゃ)もあり、また全国各地から奉納されたイノシシの置物がコレクションとして展示されています。

神社の壁には御祭神である「和気清麻呂」の物語が絵巻として展示されています。その絵巻には「護王神社」のことや清麻呂のことがわかりやすく描かれています。お越しの際はこちらもぜひご覧くださいね。

護王神社の由来


おすすめ情報

境内には樹齢100年を超えるご神木・カリンの木や、「君が代」に詠まれる「さざれ石」など、見所がたくさんある護王神社。
京都御所を散歩しがてら、寄ってみてはいかがでしょうか

スポット情報

アクセス:

京都駅から京都市営地下鉄「丸太町駅」下車 徒歩7分

参拝時間:

9:00~17:00

拝観料:

無料

住所:

京都市上京区烏丸通下長者町下る桜鶴円町

お問い合せ:

TEL:075-441-5458
URL:http://www.gooujinja.or.jp/

 寺社仏閣  店舗(伝統工芸・和雑貨)  店舗(食・飲食)  紅葉

印刷する

京都の寺社仏閣

ほっこり京都 祇園祭

京都のおすすめ散策

ほっこり京都マップ検索

ほっこり京都生活おすすめサイト

ひとみ研究室 全国 目のご利益スポット

ほっこり京都 葵プロジェクト