ほっこり京都生活
京都の寺社仏閣
寺社仏閣
祇王寺(ぎおうじ)

ほっこり京都生活

Google

寺社仏閣

  • 祇王寺(ぎおうじ)

今回は、嵯峨野の奥に位置し、「平家物語」に登場する女性たちと平清盛の哀しい物語で有名な尼寺、祇王寺をご紹介します。

祇王寺(ぎおうじ)


心を動かす祇王寺

祇王寺は大覚寺塔頭(たっちゅう:大寺院の敷地内にある小寺院)の尼寺で、法然(ほうねん)上人の弟子・良鎮(りょうちん)が創建した往生院(おうじょういん)の跡に建てられたと伝えられています。

往生院は江戸時代末期まで広大な敷地を占めていましたが、明治時代に荒廃してしまいました。しかし、往生院に残る哀しい物語に心を動かされた当時の京都府知事によって、尼寺「祇王寺」として残されることになったのです。

歴史を感じる祇王寺への入り口


祇王寺に残る悲恋と無常の物語

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり・・・」の冒頭で知られる「平家物語」。 「平家物語」は鎌倉時代に成立した、平家の栄華と没落を描いた軍記物語です。
平家物語に登場する、祇王(ぎおう)・祇女(ぎにょ)の姉妹は、美しい白拍子(しらびょうし:平安時代に流行した歌舞を演じる遊女)として評判で、そのうわさは当時の政権を握っていた平清盛にも届くほどでした。彼女たちの舞をみて、後に姉の祇王は清盛の寵愛をうけるようになりました。

ある時、白拍子の仏御前(ほとけごぜん)という若い女性が現れます。仏御前は門前払いをされてしまいますが、心やさしい祇王は館へ招き入れました。すると仏御前の舞を見た清盛は、なんと仏御前に心を移してしまったのです。

仏御前が祇王に遠慮すると、清盛は祇王を追い出してしまいました。しかしその後、歌舞を演じるよう清盛に呼ばれた祇王たちは、その屈辱から母である刀自(とじ)と共に尼となり、現在の祇王寺で仏門に入ります。さらに、世の無常を感じた仏御前も清盛の元を去り、祇王らを追ってこの地で尼となり、余生を送ったのです。

祇王寺のみどころ

嵯峨野の山奥に位置する祇王寺は、竹林に周囲を囲まれひっそりと佇んでいます。入口の門をくぐると苔むした庭園と竹林が広がり、境内に唯一ある茅葺(かやぶき)の本堂には、祇王ら4人と清盛の木像が安置されています。

また「吉野窓」と呼ばれる丸窓は、光の入り具合によって影が虹色に映ることから虹の窓とも称され、その美しい情景が祇王寺のみどころとなっています。

境内では四季折々の風景を楽しむことができ、特に紅葉の時季は隠れた名所として人気です。

虹の窓と称される美しい吉野窓


今も人里離れた静かな嵯峨野の地に立つと、ここで残りの半生を尼として過ごした女性たちの心中はいかばかりだったのか偲ばれます。
哀しい物語に思いをはせつつ、祇王寺を訪れてみませんか。

おすすめ情報

祇王寺の近くには大覚寺や化野(あだしの)念仏寺もあります。紅葉の季節など、涼しい時季に周囲を歩くのがおすすめですよ。

スポット情報

アクセス:

京福電車「嵐山」下車 徒歩30分
三条京阪駅から京都バス61・62系統「嵯峨釈迦堂前」下車 徒歩15分

参拝案内:

境内自由

参拝時間:

9:00~16:30

拝観料:

300円

住所:

京都市右京区嵯峨鳥居本小坂32

お問い合せ:

TEL:075-861-3574
URL:http://www.giouji.or.jp/

 寺社仏閣  店舗(伝統工芸・和雑貨)  店舗(食・飲食)  紅葉

印刷する

京都の寺社仏閣

ほっこり京都 祇園祭

京都のおすすめ散策

ほっこり京都マップ検索

ほっこり京都生活おすすめサイト

ひとみ研究室 全国 目のご利益スポット

ほっこり京都 葵プロジェクト