ほっこり京都生活
京都の寺社仏閣
寺社仏閣
神泉苑(真言宗寺院)

ほっこり京都生活

Google

寺社仏閣

  • 神泉苑(真言宗寺院)

二条城の南側に位置する神泉苑(しんせんえん)。苑内は大池、泉、森林など緑豊かな景色が広がり、町中にあるとは思えないほどの立派な庭園です。

今回は平安時代の貴族に親しまれ、そして祇園祭の発祥の地でもある寺院、神泉苑を紹介します。

神泉苑(しんせんえん)


常に清らかな水が湧き出る「神泉苑」

神泉苑は、桓武(かんむ)天皇が平安京造営(794年)の際に、大内裏(だいだいり)の南の沼地を拓いて造られた苑池(えんち)です。常に清らかな水が湧き出ていることから「神泉苑」と名付けられました。

造営当時は約3万坪と広大で、後に建てられた神泉苑の北側にある二条城も当時は境域に含まれていました。境内には大池と中島が造られ、歴代の天皇や貴族が舟遊びや四季折々の行事、遊宴に興じ、さらにその庭園の美しさを多くの歌人が和歌に詠んでいます。

神泉苑は天皇の遊興の場としてだけではなく、後に宗教霊場の場としても有名となりました。

雨乞い祈願の場

天長元(824)年に都が大干ばつに襲われ、当時の天皇の勅令(ちょくれい)により、東寺の弘法大使空海と西寺の守敏(しゅびん)が雨乞いをめぐり、法力争いを行いました。

この争いでは空海が「善女龍王」に祈りをささげたことから都に雨が降り注ぎ、「善女龍王」は池の竜神として祀られることとなりました。以来、神泉苑では名僧が祈雨の修法を競って行うようになり、宗教霊場としても盛んに利用されました。

善女竜王社

善女龍王社


祇園祭発祥の地

雨乞いの祈願が行われるようになった神泉苑。しかし平安時代の京の町は度重なる鴨川の大洪水により、都に疫病が大流行していました。祇園社(八坂神社)の神で、古代、暴れ神として恐れられていたスサノオノミコトのたたりといわれ、疫病を鎮めるために御霊会(ごりょうえ)を行いました。

当時の日本の国数である66本の鉾を建立し、疫病退散を祈願したのです。これがのちに祇園祭となりました。室町時代になると、鉾に車をつけて町をねり歩く形となり、現代にも受け継がれています。

日本で唯一の恵方社

正面鳥居をくぐると、池のほとりに小さな祠(ほこら:神を祀った小さな社)があり、この祠には歳徳神(としとくじん)が祀られています。

日本で唯一の恵方社(えほうしゃ)で、毎年大晦日の晩の十時三十分に翌年の恵方(縁起が良いとされる方向)へ祠の正面が向けられるため、神泉苑に来る年によって、この祠の向きは異なります。参拝することで、一年間の幸せと財産面でのご利益があるといわれています。

恵方社

恵方社


神泉苑の池に掛かる朱塗りの法成(ほうじょう)橋は、願い事を念じながら渡り、善女龍王にお参りすると願いが叶うといわれています。

また神泉苑は源義経と静御前の出会いの場所でもあり、その後二人が結ばれたことから、今では恋愛成就を願う多くの女性が訪れています。

法成橋

法成橋


スポット情報

アクセス:

JR京都駅から市バス15系統/京都バス62系統「神泉苑前」下車すぐ
京都市市営地下鉄東西線「二条城前」駅下車徒歩2分

住所:

京都市中京区御池通神泉苑町東入ル門前町166

拝観案内:

自由

拝観料:

無料

お問い合せ:

URL:http://www.shinsenen.org/

 寺社仏閣  店舗(伝統工芸・和雑貨)  店舗(食・飲食)  紅葉

印刷する

京都の寺社仏閣

ほっこり京都 祇園祭

京都のおすすめ散策

ほっこり京都マップ検索

ほっこり京都生活おすすめサイト

ひとみ研究室 全国 目のご利益スポット

ほっこり京都 葵プロジェクト