ほっこり京都生活
京都の寺社仏閣
寺社仏閣
三室戸寺(みむろとじ)

ほっこり京都生活

Google

寺社仏閣

  • 三室戸寺(みむろとじ)

■三室戸寺(みむろとじ)
三室戸寺は景勝地として有名な宇治橋周辺より車で約10分の山の手にある、西国観音霊場の礼所のひとつ。約1,200年前に千手観音菩薩をご本尊として建立されたお寺です。また、花の寺としても知られており、四季折々の風景が楽しめます。

三室戸寺

■凝縮された京都の魅力を持つ宇治の山寺
まず、門をくぐると右側に見えてくるのは五千坪の大庭園。しかし、まずはご本堂にて参拝をしましょう。
石段を登りきると、ずっしりとした本堂の他に、鐘楼や三重の塔が見られます。京都を頭に思い描けば、このような風景を皆が自然とイメージされることでしょう。そういった風景が三室戸寺境内には、多くがあると言ってもよいでしょう。
また、本堂にお参りするとその横に、宝勝牛と呼ばれる牛の石像があります。
牛と言えば北野天満宮の牛の黒い石像を思い浮かべる方もいらっしゃいますが、こちらは白い牛。その昔、弱々しい牛を飼っていた人が三室戸寺の観音様にお参りしたところ、飼っていた牛がどんどん立派になり、勝負にも勝てるようになったところからきています。
牛の口の中にある観音様に触れると勝運に恵まれるということで、あの若貴兄弟もお参りしたとのこと。多くの人が、ご利益にあやかろうと観音様に触れにいらっしゃいます。
参拝がすんだら、庭園へ降りて行きましょう。


階段 鐘楼と三重の塔 牛

■四季折々の花の寺
春の桜に始まり、5月は2万株のツツジ、6月は1万株のアジサイ、7月の蓮や秋の紅葉といった、美しい花模様が季節それぞれに楽しめます。
7月の蓮の時期は、蓮の葉を盃(さかずき)に見立て、注がれたお酒を茎から楽しむ「ハス酒を楽しむ会」が毎年7月の第1日曜日に催されます。


約100種の蓮(7月頃) 1万本のアジサイ(6月頃)


桜の様子は、コチラ

紅葉の様子は、コチラ


【三室戸寺(みむろとじ)】

拝観時間

8:30~16:30(4月1日~10月31日)
8:30~16:00(11月1日~3月31日)

※拝観最終受付は閉門時間の30分前まで
納経最終受付は閉門時間の30分前まで
年末休み(12293031日)

拝観料

大人 500円 小人 300円 
宝物殿 別途300円(毎月17日のみ公開)

お問い合せ

0774-21-2067

住所

京都府宇治市菟道滋賀谷21

アクセス

京阪電車 宇治線「三室戸寺」駅下車 徒歩約15分


 寺社仏閣  店舗(伝統工芸・和雑貨)  店舗(食・飲食)  紅葉

印刷する

京都の寺社仏閣

ほっこり京都 祇園祭

京都のおすすめ散策

ほっこり京都マップ検索

ほっこり京都生活おすすめサイト

ひとみ研究室 全国 目のご利益スポット

ほっこり京都 葵プロジェクト