ほっこり京都生活
京都の寺社仏閣
寺社仏閣
若一神社(にゃくいちじんじゃ)

ほっこり京都生活

Google

寺社仏閣

  • 若一神社(にゃくいちじんじゃ)

■若一神社(にゃくいちじんじゃ)
京都の中心部の通りは、南北と東西に直交する碁盤の目と呼ばれる通りになっています。その京都の道の南北を貫く西大路通りを北に上ると、八条付近で少し道が膨らんでいるのに気付かれている方も多いと思います。その膨らみにあるのが、ここ若一神社です。平家にゆかりのある開運出世の神社としても有名です。

若一神社(にゃくいちじんじゃ)

■交通の要所に位置する平家ゆかりの神社

平清盛公西八条殿跡 石碑 境内に「平清盛公西八条殿跡」という石碑があります。
ここは平清盛が六波羅在住の頃、別邸として西八条殿を建てたとされています。48000坪もの広大な敷地に清盛の屋敷を中心として50もの煌びやかな館が集まっていたと言われています。

現在の西大路八条にあたる場所は、平安時代には西国街道と山陰道のつながる場所であり、また近くの丹波口は、日本海側からの入り口、さらに平安京の入り口羅生門近くという場所は、まさに交通の要所であり、「人の動き=情報」をつかもうとした清盛の素晴らしい先見があったことを知らしめる場所とも言えます。

また、清盛の娘を高倉天皇に嫁がせたことから、今でもこの辺りの地名は「御所ノ内町」と呼ばれます。


■開運出世のご利益の由来
清盛が熊野詣でに参った際、「土中に隠れている 御神体を探せ」とのお告げがあり、帰京して探したところ、『若一王子(熊野権現の第一王子)』の御神体を発見し、邸宅内に社を造りこれを祀ったのが若一神社の始まりとされています。

そしてその翌年、清盛は太政大臣に任ぜられ平氏の勢威がのびたことから、開運出世のご利益があるとされています。

束帯姿の平清盛像は、大変珍しいと多くの方が参拝に来られます。 開運御守と平清盛のストラップは、清盛ファンにも人気があります。


■平清盛が手植えした楠
境内の大きな楠は清盛が太政大臣に任ぜられた際、それを感謝し自らの手で植えたと伝えられる御神木で、邸宅に火が投げかけられても楠は焼け残ったと言われています。
また昭和になってからも、都市計画のためにこの楠を切ろうとすると関係者に災いが起こったりしたことから、今でも大きな楠はそのままに西大路通りは少し膨らんだままになっています。
京都の碁盤の目の道を曲げてまで道を通しているのは本願寺さんと、ここ若一神社だけです。

西大路通沿いにそびえる大楠 京都の南北に延びる西大路通に、はみ出るように茂る大楠


■若一神社の神共水(じんぐすい)

多くの方が、水を汲みに神社を訪れます。

本殿から奥に行くと、清盛の熱病を冷やすために使ったと言われる御神水があります。この神共水は平家物語にも記述があり、開運出世の水として、また地元では新生児誕生の産湯としても使われています。
京の銘水のひとつでもあり、また自由に飲めると言うので日に300人もの近隣の方がお水をもらいに来られているのだとか。
手洗い場の水も同じ井戸水を使用されており、嬉しいことに夏は冷たく冬は暖かいお手水で清めてお参りすることができます。

井戸水なので冬は暖かいお手水で参拝できます。


■中村宮司より、平成28年の御創建850年祭に向けて

若一神社 中村宮司「800年のときは日本が戦後の大変な時だったので、これだけ長く先祖が守ってきたにも関わらず何もできなかったと記憶しています。ようやく少しずつ環境が整ってきたため、創建850年という節目を迎えるにあたって、本殿を初め、境内を少しずつきれいにしてきました。
もっとも注目すべきことは、2012年に3ヶ月ほどかかって、御神体の神鏡の前にある 『前立て鏡』を京都で唯一の手仕事の鏡師 山本晃久さんに依頼し、見違えるほど輝くようになったことです。
『前立て鏡』は、お参りする人の心を映す鏡です。参拝時には『前立て鏡』に自らを映し、しっかりとその姿を見つめてください。」


以前とは、見違えるほど光り輝くようになった前立て鏡光輝く鏡のためか、ここ若一神社は今まで以上に神聖な空気を感じられる場所となっています。
また、850年祭に備え、いろいろと企画もされているとのこと。この機会に平安の世に想いを寄せてみるというのもよいのでは、ないでしょうか。
ぜひ一度、清盛の御利益を授かりに。また自分自身を見つめに若一神社を訪れてみてください。



■若一神社の主な行事

粥 ○1月7日 七草粥の接待
10:00-14:00ごろまで
参拝者に無料で七草粥が振る舞われます。七草粥は、邪気を払い、万病を除くとも言われています。



七福社巡り ○1月1日~2月末日 西大路七福社 ご利益めぐり
現在の西大路通がある場所は、平安時代には京の中心を南北につらぬく朱雀大路が近くに通っていました。
そのため歴史と由緒ある神社が多く、北大路通から南は十条通まで、直線距離で約6キロメートルの間に七社あります。

わら天神宮、平野神社、熊野神社衣笠分社、大将軍八神社、西院春日神社、若一神社、吉祥院天満宮

七社の御朱印をすべて受けられた方には、参拝記念品として干支の置物が授与されます。
新春に若一神社を含め西大路通をゆっくりと、めぐられるのもよいのではないでしょうか。



○11月10日 火焚神事
  14:00~
秋の収穫や五穀豊穣、地域の安全などを願いつつ、護摩木に書かれた諸々の願いを祈願する行事です。ヒノキの葉を被せて護摩を焚くため、煙が天高く届き大変よい香りがします。また、この日に合わせておぜんざいの無料接待も行われます。




若一神社(にゃくいちじんじゃ)

拝観時間

自由

拝観料

無料

お問い合せ

075-313-8928

住所

京都府京都市下京区七条御所ノ内本町98番地

アクセス

JR 「西大路」駅下車 北へ徒歩約5分
市バス 「西大路八条」下車 徒歩約1分

 寺社仏閣  店舗(伝統工芸・和雑貨)  店舗(食・飲食)  紅葉

印刷する

京都の寺社仏閣

ほっこり京都 祇園祭

京都のおすすめ散策

ほっこり京都マップ検索

ほっこり京都生活おすすめサイト

ひとみ研究室 全国 目のご利益スポット

ほっこり京都 葵プロジェクト